VOICE 拡張版 Vol.4

K-FITTING®ジュニア・メニューを受講いただいている中学生のお父様から、スクールの感想をお送りいただきました。

菊池先生=夢の先頭誘導員

中学1年生の息子が自転車に乗り始め2ヶ月が過ぎた頃、自転車競技(トラック)をやりたいと言い出しました。
自分も自転車の事は素人で何もわかりませんでしたが、地元の競輪選手や自転車関係の方の話で
「身体が出来ていない子供のころはジュニアに精通している人がいいよ」
「愛媛の元競輪選手の菊池さんに見て貰えば。」
「愛媛の元競輪選手の菊池さん?」
「松山でコーチをしているよ、菊池さんがコーチになって凄く強くなったよ」
と聞きました。
親戚の人が一流になりたいなら一流の道具を使って一流の指導者に指導受けないと一流にはなれないよと言っていた事を思い出し、それで菊池さんにお願いし、ご指導を頂く事になりました。
初めて菊池さんにお会いした時、子供に
「将来どうなりたいの?」
「競輪選手になりたいです」は??
親にも言った事がない息子の夢でした。
素人がそんな事いったら笑われるかもしれませんが、菊池さんは「いい選手にならないといけないよ」と息子に答え、その一言で息子の心もワシヅカミ、この人凄いなと思ったことを覚えています。
ご指導は素人の子供でも理解出来るように親切、丁寧に基礎からご指導して頂き、また、私にもわかる様に其のつど丁寧に説明をしてくださり本当に感謝しかありません。
菊池先生への厚い信頼があるようで、苦しい練習も頑張れるようですし、また、自転車の練習だけでなく生活の事も子供に話して頂き、勉強も自分から進んでする様になりました。
子供は自分の成長した姿を菊池先生に見て貰いたい一心で日々努力を続けており、菊池先生にお会いし指導を受ける事がモチベーションになっているようです。
「ポジションが合っていない自転車に乗っていたら膝痛や故障したりするよ」
と周りの人から聞いていましたが菊池さんは身長をはじめ筋力、体力等全てを判断して今は、このポジションと少しずつ細かく変えて何より子供の事を一番に考えてくれている様子が大変理解出来ます。
本当に感謝しかありません。
自転車に乗り始めた頃は周りの大人の人にはついては行けなかった子が今は先頭を走っています。もちろん、膝痛など故障は全くありません。
先日、競輪場でピストに乗りバンクデビューする時にもわざわざメールでバンクを走るにあたってのルール等を送って頂き無事にデビューしました。
息子も凄く楽しそうでした。
夢に向かってまた、一歩階段を上がりました。
私たち親子を初め周りの人とも楽しく夢に向かっていると思います。
子供の夢には菊池さんの誘導が絶対に必要だと思います。
夢の先頭誘導員が待避する時、息子は・・・・・。
菊池先生には息子のレースの行方を見届けて頂きたいです。
私たち親子も菊池先生の誘導に千切れない様に努力します。
これからも宜しくお願い致します。

令和元年11月30日
競輪選手を夢見る子の父親より

VOICE拡張版 -Vol.1- -2- -3-
お客様の声「VOICE」 「VOICE拡張版」